自賠責

自賠責保険ってなんだ

事故対応内容

自賠責保険においては、自動車事故の被害者が保険会社に対して直接的に保険金を請求する被害者請求と、加害者が被害者に対していったん損害賠償を支払ったのちに、その金額を加害者が保険会社に対して請求する加害者請求の両方が認められていますが、その事故対応の内容については、どちらもおおむね同じとなっています。
まず、自動車事故にあった場合には、その状況をすみやかに保険会社のサポートセンターなどに連絡をする必要があります。次いで、保険会社の担当者が事故の状況を確認するとともに、保険金の請求に必要な書類の様式がその担当者から送付されてきますので、書類にもれなく記載をして送り返すことになります。その際、ケガの治療に要した治療費、休業による損害などを立証するための領収証などの書類をあわせて添付するようになりますので、あらかじめ準備をしておく必要があります。こうした添付書類については、加害者請求と被害者請求のどちらに該当するかによって、揃えなければならない種類が異なってきます。最後に、保険会社では送付された書類をもとにして損害調査を実施し、自動車事故の損害賠償の金額を確定した上で、自賠責保険の保険金を支払うことになります。

コメントを受け付けておりません。