自賠責

自賠責保険ってなんだ

自賠責保険が保証してくれる範囲

自賠責保険というのは、自動車や二輪車などが公道を走行する場合には、かならず加入しなければならないと法律によって義務付けられている強制保険のことです。これは、自動車が国民的に普及してきた現在の状況を踏まえて、交通事故の被害者が充分な損害賠償を得られないといった不都合が起きることを防ぐために、公的な制度として設けられているものです。
自賠責保険は、このようにドライバー全員から広く公平に負担をつのるといった特徴をもっていることから、保険料が不当に高額にならないように、補償範囲についても限定されたものとなっています。その範囲としては、自動車事故によって相手にケガ、後遺障害、死亡といった、人身上の被害を負わせてしまった場合というのが大前提となります。しかも、完治するようなケガの場合には、保険金の最高額としては120万円程度にとどまるものですので、ほとんど必要最低限度の補償ということがいえます。
また、被害者の車両の損壊などといった、いわゆる物損事故については、この自賠責保険はまったく適用の対象とはならないことから、実際の事故が起こった際の損害賠償の金額を念頭に、自賠責保険とは別の任意保険にも加入するというのが一般的となっています。

コメントを受け付けておりません。