自賠責

自賠責保険ってなんだ

すでに被害者に賠償金を支払った場合の補償

自賠責保険で実際に保険金を受け取るための手続きとしては、被害者請求、加害者請求とよばれる2つのタイプがあります。
前者の場合は、文字通りに自動車事故の被害にあった人自身が、加害者が加入している自賠責保険の事務を取り扱う損害保険会社に対して、保険金の支払いを請求するものです。
しかし、このような手続きでは、示談などによって被害を金銭的価値に見積もったものが確定してからはじめて支払いが行われることになるため、被害を受けた人はかなりの期間を経過しないと保険金が受け取れないということになります。
そこで、事故の被害を受けた人は、まず加害者から損害賠償金を受け取り、後で加害者のほうが損害保険会社に対して自賠責保険の保険金を請求する手順をとることがあり、これが後者の加害者請求とよばれるものです。
この場合、すでに損害賠償金を支払った上での補償となりますので、その領収証をはじめとした必要書類を添えて、損害保険会社に保険金の請求を行うことになります。
ただし、実際にはこの加害者請求の亜流として、加害者が加入していた自賠責保険、任意保険の双方から一括で損害賠償金をまず支払った上で、支払いをした保険会社が自賠責保険の保険金を請求するというかたちのほうが一般的です。

コメントを受け付けておりません。