自賠責

自賠責保険ってなんだ

障害による損害補償

自賠責保険は、交通事故の被害者に対して必要な補償を行うことを意図した強制保険ですが、すべてのドライバーから負担を求めているという性格上、その補償が及ぶ範囲についても、事故によって人身に被害があった場合という限定されたものになっています。
そのなかでもいくつかの場合分けをすることができますが、例えば傷害(ケガ)による損害であれば、ケガを治療するために直接必要になった治療費のほか、子供の入院時の付き添いのための看護料、義肢や松葉杖などの費用、交通事故証明書などの文書料、会社を休んだ期間の給与分にあたる休業補償といったものが、自賠責保険のなかから支払われることになります。
さらに、ケガの治療そのものは終わったものの、手足の麻痺や切断など、なお身体に永続的なダメージが残ってしまったといった場合には、後遺障害による損害として、さらに補償を受けることが可能となっています。その金額については、実際にダメージが残った程度と部位によって細分化されており、一律というわけではありません。
こうした補償の内訳としては、事故によって仕事ができなくなった場合などに将来発生することが見込まれる逸失利益、事故による肉体的・精神的な苦痛をつぐなうための慰謝料などからなっています。

コメントを受け付けておりません。