自賠責

自賠責保険ってなんだ

死亡するまでの障害による損害とは

自賠責保険では、自動車の運行によって他人を死傷させてしまい、加害者が法律上の損害賠償責任を負ったときに支払われる保険です。
運行には、通常走行以外にもドアの開閉やクレーン車のクレーン作業なども含まれていて、運転車本人には適用されません。

自賠責保険は対人賠償保険なので、交通事故での人身事故や人を死傷させたときに適用されますが、物損事故は対象外になります。
また、支配基準は損害の範囲で支払限度額が決まっています。

傷害による損害は、治療関係費、文書料、休業損害、慰謝料など最高120万円、後遺障害による損害は、逸失利益、慰謝料等、神経系統、精神、胸腹部臓器に著しい障害を残して介護が必要な場合は次のようになります。
常時介護は最高4,000万円、随時介護は最高3,000万円、後遺障害の程度によって第1級最高3,000万円から第14級最高75万円となります。

死亡した場合の損害では、葬儀費、逸失利益、慰謝料(本人および遺族)で最高3,000万円、亡くなるまでの傷害による損害は、治療関係費、文書料、休業損害、慰謝料 最高120万までです。
金額は被害者一人ずつで、被害者が複数いた場合は、一人ずつ支払われることなります。

コメントを受け付けておりません。