自賠責

自賠責保険ってなんだ

死亡保証内容

自賠責保険は、自動車事故によって被害を受けた人たちを救済するための強制保険であり、これによって最低限度の補償はまかなわれるようになっています。
事故の被害といっても、単なるケガの場合、身体や精神に後遺障害が残ってしまった場合などのさまざまなケースが想定されますが、不幸なことに被害に遭った本人が死亡してしまったというケースも想定されるため、このようなケースではその法定相続人が保険金を受け取ることになります。
保険金の限度額として、国の政令によって最高で3,000万円までが認められており、それぞれの事故の状況に応じて保険金の金額は変わります。
こうした保険金の内訳としては、大きく見ると葬儀費、逸失利益、慰謝料といったものが挙げられます。葬儀費は、通夜や祭壇の準備、墓石などの費用として支払われるものです。逸失利益は、もし本人が亡くならなければ将来仕事によって得られたはずの収入から生活費分を差し引いたものです。慰謝料については、身体的・精神的な苦痛に対する代償で、被害者本人分と、遺族の人数に応じて決まる部分とに分かれています。
なお、事故直後のケガがもとになって、最終的に亡くなってしまったというケースでは、その間のケガによる損害、限度額120万円があわせて適用されます。

コメントを受け付けておりません。