自賠責

自賠責保険ってなんだ

ケガをした場合とさせた場合で異なる補償対応

自賠責保険というのは、自動車事故によってケガや死亡といった被害があった場合について、最低限度の被害者救済ができるようにするために、自動車を運行する場合には必ず加入しなければならないことになっている強制保険です。
この自賠責保険については、保険金の請求は被害者、加害者いずれのサイドからもできることになっていますが、その対応方法は多少異なっています。
まず、ケガをした側の被害者のほうですが、加害者から損害賠償金をまだもらってない場合について、保険会社に対して直接請求をすることができます。
この場合は、医師の診断書や診療報酬明細書のような、損害の内容が具体的に証明できる書類をあわせて添付しておくことが必要となります。
また、被害者だけに許された制度として、正式に保険金が下りる前の段階であっても、当面の需要を満たすために仮渡金という小額のお金を請求することができます。
いっぽう、ケガをさせてしまった加害者については、いったん損害賠償として被害者に金銭を支払ったのちに、その領収証を添えて保険会社に保険金を請求することになりますので、いわば立替払いのようなものと捉えることができます。
実際には加害者自身が請求するというよりも、加害者が加入していた任意保険の保険会社が、自賠責保険と任意保険の保険金を合算して被害者に支払い、その上で自賠責保険には保険会社から請求するという場合が多いようです。

コメントを受け付けておりません。