自賠責

自賠責保険ってなんだ

被害者請求の必要性

自動車事故に遭って自賠責保険の保険金を請求する方法としては、大きくは加害者が被害者に損害賠償を支払った後で請求する方法、被害者が直接的に請求する方法の2つが認められています。
ただし、実際には加害者が加入していた任意の自動車保険から自賠責保険の分までを含めていったん保険金が支払われ、その後で保険会社から自賠責保険に立替分を請求するという方式が、当事者にとっては面倒な手続きが必要ないことから一般的となっています。
すべてのケースに当てはまるわけではありませんが、自賠責保険で被害者がより有利に保険金を得るためには、任意保険の保険会社にすべてを任せてしまうよりも、被害者が直接請求する、いわゆる被害者請求の方法を用いたほうがよいケースがあります。
例えば、事故の被害者の過失割合が大きい場合や、事故の前から既往症があって事故と症状との因果関係が説明しにくい場合などは、任意保険の保険会社では後遺障害認定などを厳密にしようとはせず、不利益をこうむってしまう場合があります。
このような場合、被害者が直接自賠責保険に請求ができれば、任意保険の保険金の支払いとはまったく無関係の立場から、後遺障害の認定なども被害者自身の主張を客観的に汲み取ってもらえますので、制度の必要性はかなり高いといえます。

コメントを受け付けておりません。